« June 2005 | Main | September 2005 »

July 2005

July 26, 2005

ランス・アームストロングV7

先に記事にされている瀬戸智子さんの「ランス・アームストロング」にTB

ツール・ド・フランス,アームストロングが7連覇(ロイター)

s-lance

今日1番嬉しいニュース。
世界最高峰の自転車レース“ツール・ド・フランス”で前人未到の7連覇という偉業が成し遂げられました。
ツール・ド・フランスはアルプスの山岳地帯も含む全行程3600kmを21日間かけて走破するという尋常でない過酷なレース。
過去に5連覇を記録した選手もいますが,アームストロング選手は昨年の大会でそれを更新してすでに6連覇を達成していました。
そして引退を表明してのぞんだ今大会。見事に有終の美を飾ったということになります。
本当に素晴らしい!

この記録だけでも凄いことなのだけれど,もっと凄いのはこの選手の人間としての強さ!!
アームストロング選手は96年に睾丸癌の発病により一時は命も危ぶまれる状態に陥ったものの,そこから長い闘病生活に勝ち,その後再起をはかって,奇跡的な復活を果たした人なのです。
詳しくは,彼の自伝「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」に記されています。
昨年,瀬戸智子さんがこの自伝を読んだ感想を記事にされているのをみてはじめてこのことを知り,自分もさっそく手に入れて読みました。
なんという強さなんだろう・・・震えるほど感動しました。
アームストロング選手,同い年ですよ!!もう只々尊敬の念しかありません。
それだけに,今日のこのニュースは本当に嬉しかったのです。

自転車レースに興味がない方でも,彼の自伝は本当に勇気づけられます。是非読んでみてください。

4062102455 ただマイヨ・ジョーヌのためでなく
ランス アームストロング Lance Armstrong 安次嶺 佳子

講談社  2000-08
売り上げランキング : 604

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0)

July 23, 2005

姑獲鳥の夏

4062638878 文庫版 姑獲鳥の夏
京極 夏彦

講談社  1998-09
売り上げランキング : 1,716

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画化されて現在上映されている“姑獲鳥の夏”,やっと読了。
はじめて京極夏彦作品を読みました。
6月に入った頃に買ったんですが,今週に入って読み始めました。
こんな分厚い小説もなかなか読むことがありません。
何時間かかったんだろう・・・600ページちょっとあってなかなか時間がかかりました。
というか,単に本読むの遅いんですけどね(^^;
分厚くても人気の高い京極作品ですが,実際読んでみて,ウン,おもしろかった!!
テンポが良いからなのか,途中で飽きることなく,夢中・・・このおもしろさに完全に取り憑かれてしまいました。
すでに出てから10年以上経ってるんですね。
この京極堂シリーズはまだまだあるので,引き続き読んでみたいと思いました。
映画の方も,どういう映像表現になっているのか,興味深いですね。
近々観に行きたいと思います。

| | Comments (1)

July 17, 2005

全英オープン

3日目が終了した。
ゴルフのゲーム中継は好きなのでよく見ますが,やはりメジャーは面白い。1打1打ドキドキワクワクします。
それにしても,全英のコースは強い風との闘い。プレイの様子を見ていても,選手のシャツやズボンがバタバタと揺れるような風が吹いているのに,よくもまぁ冷静に自分のプレイができるものだなぁと感心しっぱなしです。
その風を計算に入れつつ,慎重になりながらも,大胆にも攻めなければならない。
見かけはラクそうなパットも,傾斜だけでなく,刻々と変わる芝の状態も考えあわせながら,判断していかねばならない。究極の自分との闘いであって,他のプレイヤーのプレッシャーにも負けるわけにはいかない。一体どんな精神力と身体力をしているんだこの人たちは,とその凄さに圧倒されてしまう。
こういうぎりぎりのせめぎあいだからこそ,画面でプレイを見ているだけでもこれだけ興奮してしまうのだろう。本当に面白い!!

それから,深夜とはいえ,4日間(木から日)ともしっかり放送時間をとって,中継しているテレビ朝日には拍手を贈りたい。えらいよ!!
ゴルフってダイジェストだけみても全然面白くないから,今回こうやって長時間じっくりやってくれるのは,本当に嬉しい。まぁ睡眠時間が気になるけど・・・。

昨夜の2日目の最後には,このオープンが引退試合となるジャックニ・クラウスの雄姿も存分に放送してくれた。65歳で最後の最後まで上を目指して真剣にプレイしている姿は,本当に感動ものだった。
そして,最後の18番ホール,ラストでバーディを決めるところが,また憎い!!
さすがに帝王ジャック・ニクラウスだ。
この最後の雄姿を存分に見られて,ほんとにラッキーだったと思う。

nicklous

さて,日本勢ですが,丸ちゃん(丸山茂樹選手)は残念ながら予選落ちとなってしまったけど,若手の2人高山選手と藤田選手がよく頑張っている。3日目を終えてともに2アンダー。
明日が最終日なので,思い切ってプレイしてほしい。

3日目を終えてTigerが単独首位だが,優勝争いもまだまだわからない。
明日も楽しみです。

| | Comments (0)

ぬか床

準備~その1から2週間も経ってしまいました(^^;
が,やっとぬか床のセッティングをしました。

nuka01生ぬかを入手してきて,
フライパンで煎り,

nuka02冷ました塩水を足しながら,カメの中で混ぜ返し。
昆布と唐辛子を加えてさらに混ぜ混ぜ。
水分控えめの割とパラッとしたぬか床が完成。

ひとまずキャベツの四つ切りを捨て漬けにしました。

これから毎日混ぜ混ぜの日々がはじまりました。

床の様子をみながら,いろいろ漬けてみたいと思います。

果たしてうまくいくものやら・・・。

| | Comments (4)

July 10, 2005

今日は・・・

7月10日・・・そう!!!“納豆の日”ではありませんか!!!
毎日納豆を食べていて,冷蔵庫の在庫を切らしたことがない私としては,祝日とも言える日です。
納豆ってみなさんはどうやって食べるんでしょうか??
僕が最近よくやるのは,大根おろしに軽く昆布ポン酢を加える方法です。とてもさっぱり,ピリ辛でハマっています。
卵の黄身+醤油+ネギというパターンもやはり好きです。
今晩も納豆食べネバ~!!

エキサイト社長の山村氏もご自身のブログで納豆について紹介されてますよ。
エキサイト社長,山村幸広のインターネットブログ:「納豆」5月18日

| | Comments (4)

パパラギ

先日珈琲店に行ったとき,マスターが最近読んだ本“パパラギ”についての話をしていました。その内容に惹かれたので,自分も読んでみようと思ったので,ついでにご紹介します。

パパラギとは,いわゆる文明国と言われる人たちのこと。
1920年頃,ヨーロッパを旅したサモア諸島の酋長ツイアビが,パパラギにはじめて接して,そこで体験したことを語ったものです。

現代人がいかに自然とかけ離れた生活をしているのか,思い知らされそうです。

4651930077 パパラギ―はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集
岡崎 照男

立風書房  1981-01
売り上げランキング : 11,329
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4651930220 絵本 パパラギ―はじめて文明を見た南の島の酋長ツイアビが話したこと
エーリッヒ ショイルマン Erich Scheurmann 岡崎 照男

立風書房  2002-03
売り上げランキング : 52,024
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0)

July 09, 2005

疲労困憊

今週はとても疲れました。
というのは,月曜から職場に出始めたからです。

といっても,現在は正式復帰ではなく,勤務可能かどうかをみる試験的な期間としてです。
さすがに1年以上もブランクがあるので,朝定時に出勤して,職場にいるだけでかなり疲れてしまいました。身体が相当鈍っているということですね。
家に帰るとグッタリとなってしまって,PCはメールをチェックするのがせいぜいでした。
今日は1日ゆっくりしたので,だいぶ回復。まだあと明日1日あるので,ひと安心といったところです。

今週は定期考査中でもあったので,午前中だけの出勤で良かったのですが,来週は授業を見学したりして,定時の勤務時間を経験する予定です。
身体が保つよう,自分としてはゆっくりやろう,と思っています。

| | Comments (6)

July 03, 2005

豪雨と雷によって・・・

7月に入った途端,こちらではもの凄い勢いで雨が降っています。昨日もある時間帯には,テレビの音が聞こえないくらいに,ヴァーっと。洪水警報まで出る始末。

さて,1日の金曜日の夜,大学の恩師・学生たちと飲み会があったので,6時前に出かけようと思ってタクシーを呼びました。
が,指定した時間になってもタクシーが来ない・・・。少し前から降り出した雨が強すぎて,ワイパー意味なしというくらい降っていたんです。タクシー会社から少し遅れますと丁寧に電話をもらったものの,新幹線の時間は迫ってる。

10分くらいして,そろそろ来るかなと表の様子を見ようと玄関の戸を開けたその瞬間・・・・ピカッどどどーん・・・30mくらい先に雷落ちました。電柱に落ちたようで,これがまた木の電柱なんですけど,直後に煙がふわ〜。

しばし唖然・・・開いた口がふさがらんとはまさにこのこと。しばし呆然として,血の流れは速くなるわ,ドキドキしっぱなしで玄関前に突っ立ってました。
すると,そこへ遅れたタクシーが・・・。
あっ,急がねば。玄関に財布などを入れたポーチを用意していたので,傘を持ってそそくさとタクシーに乗り込みました。
「新幹線に乗るので・・・」飛ばしてとも言えず・・・。

幸い,道は割と順調で,無事新幹線の駅に着きました。
料金払ってタクシーを降り,駅の階段を上っていたその瞬間!!!
足下の感覚がおかしいことに気づきました。
ゲゲゲッ,ス・ス・スリッパ〜〜!!??
あまりの雷ショックのため,スリッパのまま家を出たことにようやく気づいたのです(^_^;)
でも時間もないし・・・雨も結構降ってるから,もうこのままでいいや!と開き直り,そのまま新幹線へ乗車。
さすがのコンビニも靴はおいてないもんね。。。
行き先が都市の街中でなくて良かったぁ〜。

予約されていた居酒屋の前に行くと,学生が待っていてくれて,挨拶を済ますと,「えっ?スリッパで来られたんですか??」「そうなんよ。いろいろあってね・・・」
その後飲み会の最中にいろんな人に説明して回りました・・・トホホ

まっそんなことがありましたが,久しぶりに若い人たちに混じって飲んで,非常に楽しかったです。

s-inkonobi

のび~~の激写!

| | Comments (8)

« June 2005 | Main | September 2005 »