« 中古車選び | Main | 1月17日という日 »

January 17, 2005

阪神大震災から10年

今日1月17日,阪神淡路大震災から10年を迎える。

1995年1月17日午前5:46,あのときのことはよく覚えている。

昼までに提出しなければならないレポートを仕上げるために徹夜してPCに向かっていた。突然窓がガタガタしはじめ,それまでほとんど経験したことのない大きさの揺れを感じた。ユサユサと大変不気味な揺れだった。当時は広島の市内に住んでおり,地震についてもある程度勉強していた頃だったので,瀬戸内海の芸予諸島あたりで比較的大きな地震が起こったのだろうかと,まず思った。すぐにテレビをつけて,速報が流れるのを待っていたのだが,まもなく地震速報が流れ,それを見てゾッとした。各地のゆれの大きさで震度6強兵庫県・・・と出たからだ。広島でもこれだけ揺れた地震が兵庫で起こった。間違いなく直下型であり,相当の被害が出ているはず。時間も気になった。まだ通勤前だろうけど,明るい時間でもない。しばらくの間身震いが止まらなかった。

だんだん明るくなり,その日は普段より少し早めに家を出て大学に行った。先生も含めて研究室の面々は同じように早くかけつけてきた。テレビをずっとつけ報道を見守ったが,なかなか詳しい状況はよくわからない。しかし,ヘリコプターからの画像はその被害の甚大さを明らかに示していた。それから時間が経つにつれて,あまりに悲惨な状況がつぎつぎと報じられた。その場にいるわけではないのに,怖くて仕方がなかった。

あの地震から10年。

大きな被害とともに様々な教訓を残した。まもなくその地震発生時刻になろうとしている。多くの人があのときを思い出す瞬間。忘れられない瞬間であるし,忘れてはいけない瞬間だ。

|

« 中古車選び | Main | 1月17日という日 »

Comments

The comments to this entry are closed.