« 観たい邦画2本 | Main | ラストクリスマス »

October 11, 2004

寺田寅彦の“柿の種”より

 寺田寅彦の“柿の種”を読んでいる。

 短い文章が徒然と並んでいるので暇々な折りに開いている。

 今日読んだものに次のような文章があった。

 眼は,いつでも思った時にすぐ閉じることができるようにできている。  しかし,耳のほうは,自分では自分を閉じることができないようにできている。  なぜだろう。

 こういった見方ができる人って,凄いなって思う。

|

« 観たい邦画2本 | Main | ラストクリスマス »

Comments

The comments to this entry are closed.